友の会 6年目の春

平成23年4月6日
 友の会6年目の春が始まりました。会員数も昨年は400名を越しました。23年度も順調に更新して
いただいていますが、例年2月、3月の催しで入会していただける新会員が今年は休館や震災による
催事自粛などで来館者が少ない為ほとんどありません。土日祝日に設ける友の会受付カウンターで
入会手続きを承っています。是非ご利用ください。  naka-kin

 大宮公園の桜が満開となりましたが放歌高吟、酔っ払いもいない静かな公園でした。花は散っても、
翌年にはまた必ず咲いてくれます。震災で大きなダメージを受けた町も人も、また必ず再生することを
信じながらお花見をしました。 naka-kin

 博物館ではいま特別展「皇女和宮と中山道」が開催されています。いつもより女性の来館者が多いようで
平日にも関わらず賑わっていました。江戸時代ロイヤルロードだった中山道、現在は街道ウォークのメッカに
なっています。筆者が歩いた時の風景スナップを催事期間中暫時掲載いたします。 naka-kin
画像

 戸田橋 渡れば北武蔵 江戸時代は渡し場があった。
画像

 蕨宿南の出離れ
画像

 蕨宿本陣跡付近
画像

辻の一里塚付近
画像

焼米坂    焼米はこの辺りにあった茶屋の名物だった。 新米をモミの付いたまま炒って搗き、殻を取り除いたもの。携行食としてそのまま、あるいは水に漬けたりして食べた。(以上平成19年7月撮影)


" 友の会 6年目の春" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント