テーマ:お知らせコーナー

恒例!お正月イベント 「干支縁起物グッズ」販売コーナー

博物館は今年も一月2日から開館します。数々の記念イベントに合わせて友の会も恒例の「伝統工芸品の干支縁起物」販売コーナーを設けます。準備の整った27日から先行販売を始めたところ、慌ただしい年の瀬にもかかわらず好調の売れ行きです。年内は明日28日まで年明けは2日から5日まで販売いたします。  氷川神社の初詣のお帰りにでも是非お立ち寄りくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25年度友の会年会費更新手続き御済みの皆様へ

25年4月からの新年度を控えこの1月より会員更新手続きを受付てまいりましたが{JUNO}2月号に同封してお送りした新しい会員証にミスプリント(有効期限)があり新しく差し替えることになりました。次回三月号の{JUNO}に同封してお送りいたしますのでご了承願います。                                     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉伝統工芸干支グッズ販売

  博物館エントラスロビーでは平成25年1月2日(水)~1月6日(日) の期間 伝統工芸品の縁起物を集めて販売しています。 評判の良い鴻巣赤物を画像で紹介いたします。 氷川神社初詣のお帰りに是非お立ち寄りください。    鴻巣赤物 鯛車   鴻巣赤物 招き猫   鴻巣赤物 達磨   鴻巣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

干支グッズニュース

幸せが身(巳)につくよう 巳年のグッズをお守りにいかがですか 表情豊かな埼玉の伝統工芸縁起物を紹介します。   鴻巣の赤物 巳    春日部の張子人形 豆巳   岩槻木目込み 招福巳人形
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理事・サポータ会開催

10月27日友の会理事・サポーター会が開かれます。主な議題は25年度の計画立案です。講演会・見学会を中心に、博物館の活性化につながるいろんな活動を計画中です。会員非会員を問いません。こんなこと、あんなこと、良いアイデアあればこのブログを通じてご意見お願いいたします。(kin)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「友の会映像クラブ」いよいよ発足です

ニュースなどでお知らせしていました「友の会映像クラブ」が発足します。まだ会員はすくないですが、「映像をつくる」という具体的な目標がありますので、定期的な活動ができると思います。難しいことはありませんので、気軽にご参加ください。第1回の会合の内容を紹介します。 ■第1回 会合 ■ 日時 2012年9月12日(水) ■ 場所 さい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友の会半年会員募集中!!

平成24年度の後半期の会員を募集致します。来年3月までの半年会費は1千円。これから講演会や見学会などの友の会独自の催しが目白押しです。奮ってのご入会お待ちします。 入会手続きは郵便局の振替用紙でご送金いただくか、土日に限っての博物館内友の会受付で手続きをお願い致します。 (kin)            郵便振替ご利用の場合   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リニューアルしました

しばらく休刊状況だった友の会ブログ、管理人増員して再出発します。 会員相互の交流をもっと図れるような構成を目指しますので会員の 皆様のご協力よろしくお願い致します。(kin)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博物館 木漏れ話

4月15日   常設展示室と特別展示室を結ぶ回廊にある季節展示室は窓外の竹林が素晴らしく茶室をイメージした造りになっています。 この竹林に置かれた石燈籠が先日の震災で礎石からずれたようになり、たいそう気になっていましたが 今日重機が入って修復されていました。一安心です。ところでこの石燈籠「お江」さんの眠る増上寺に奉納されていたものだそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友の会 6年目の春

平成23年4月6日  友の会6年目の春が始まりました。会員数も昨年は400名を越しました。23年度も順調に更新して いただいていますが、例年2月、3月の催しで入会していただける新会員が今年は休館や震災による 催事自粛などで来館者が少ない為ほとんどありません。土日祝日に設ける友の会受付カウンターで 入会手続きを承っています。是非ご利用くだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

見学会「竹間沢車人形と三富新田」へのおさそい

埼玉県立歴史と民俗の博物館は現在休館中ですが、友の会の活動はお休みしません! 博物館がお休みの期間は、歴史や文化に触れる「見学会」を企画しております。 これは友の会会員限定の企画ではございますが、友の会会員の方のご家族・お友達は参加可能です。 ぜひぜひ会員の皆様におかれましては、この機会にご家族お友達をお誘いいただき、一緒に友の会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博物館のプロモーションビデオを作ります!

去年度、当友の会は初めて花王・コミュニティミュージアムプログラムの助成をいただき事業を行いましたが、 今年度も助成をいただけることになりましたので、今年度の内容を発表したいと思います。 これは、おそらく全国で初めての事業になるかと思いますが… なんと! 博物館のプロモーションビデオを作ります。 これは、博物館に足を運んでいただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ただいま友の会年会費1000円です

今年も11月15日(月)から23年3月14日(月)まで博物館改修工事のため休館してしまう埼玉県立歴史と民俗の博物館ですが、友の会の活動はいつでも元気に営業中です!! 博物館の中に入れなければ博物館の外で。 友の会は会員限定見学会を月に一度行っていきます。 詳細が未定のイベントもありますが、現在までのところ決定しているイベントスケジュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい角度から入る能楽入門

埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会では、花王・コミュニティミュージアム・プログラム2009の助成をいただき、「きく・見る・ふれる 五人ばやし 博物館からキックオフ事業 =五人囃子と語る=」イベントを開催しております。 9月にも 「新しい角度から入る能楽入門」を行いますので、みなさんお越しください。 名 称 :  「新しい角度から入る能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会員限定見学会「出土品展と熊谷の古代」

「出土品展」の季節がやってきましたね。 今年も友の会ではこの時期をとらえて見学会を企画しました!! 〈参考までに…〉  ・2008年の出土品展見学の様子  ・2007年8月の出土品展見学の様子 そして… 2010年の「出土品展見学」は友の会ならではの豪華四つ星オプション付です! ☆さきたま風土記の丘内 鉄砲山古墳発掘現場見学 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

400人まであと少し!!

2010年2月末の埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会会員数が396名となりました!! せっかくなので、私の知りうる範囲で会員数の推移を振り返ってみますと、 2009年3月末 386名 2008年12月 300名突破 ってことのようです。 毎年毎年更新作業をお願いしている友の会でありますが、 これまで一度も人数が減るということはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参加者募集! 歴史講演会「卑弥呼と箸墓古墳」

大好評をいただいております、当会と博物館の共催企画!! 今回のテーマは「邪馬台国」です。 これについては過去にも「邪馬台国所在地論」とか「卑弥呼の時代と東国の古墳」という講演が行われてきました。 そして、平成22年4月25日(日)に行われるのは 「卑弥呼と箸墓古墳」 です。 サブタイトルに ーーー永年の「邪馬台国」論争、ここ大宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会員限定遺跡発掘見学会「早春の古代遺跡ウォーク」

今年もやってきました! 早春の古代遺跡ウォーク 日時 平成22年3月17日(水) 案内 埼玉県立歴史と民俗の博物館 宮昌之学芸主幹 申込・詳細     会員限定見学会につき、会報誌JUNOをご確認の上お願いいたします。      遺跡発掘現場は普段個人の興味だけではなかなか見せていただけないところではありますが、友の会としてあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リフレッシュオープン企画 満員御礼!

2月13日 友の会会長さんよりご連絡いただき、 2月27日に博物館と友の会の共催で行う民俗学講演会「神社と日本文化-伊勢神宮と出雲大社の創祀-」が定員を上回ったとのこと。 実は今回広告関係が大当たりでした。 2月1日  定年時代 掲載 2月12日 読売新聞埼玉県版イベント告知欄 掲載 2月16日 朝日新聞埼玉マリオン 掲載予定 毎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参加者募集中 講演会「神社と日本文化」

埼玉県立歴史と民俗の博物館がリフレッシュオープンする2月16日まであとわずか。 休館中の間もさまざまな見学会を企画して活動を続けてきた友の会でありますが、 改修が終わるこの時を待ちに待ち、満を持して博物館と共催の民俗学講演会を開催いたします!! 講演会「神社と日本文化 -伊勢神宮と出雲大社の創祀-」 講師に国立歴史民俗博物館教授の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五人ばやしワークショップにご協力をお願いいたします

12月14日の日記「プロジェクト本格始動!!」でも進捗状況をご報告いたしましたが、花王・コミュニティーミュージアム・プログラム09(KCMP09)の埼玉けんぱくプロジェクト「きく・見る・ふれる 五人ばやし」の実施日である3月7日(日)が近づいてきています。 何をやるかと申しますと、 1 子どものための能楽ワークショップ  とき 平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見学会「山国・秩父・小鹿野 飯田八幡神社のお祭り」

県立歴史と民俗の博物館が平成22年2月15日まで休館になりますが、友の会はその間も見学会などを行っていく予定です。 これは会員限定の見学会ではありますが、会員の方のご家族・お友達は参加可能です。 ↓第3弾がこれ↓ 見学会「山国・秩父・小鹿野 飯田八幡神社のお祭り ~小鹿野の歌舞伎、火縄銃演武、大名行列が一挙に!~」 日 時 平成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深谷見学会追加募集中!!

10月31日(土)に予定の「出張博物館in深谷」協賛のバス見学会は、 大型バスを準備いたしましたのでまだ席に余裕があります。 申込締切を26日(火)まで延ばしましたので会員外の方も今回に限り受付いたします。 ご希望の方はハガキに住所・氏名・連絡電話番号・深谷見学会参加と明記の上、下記へお送り下さい。 〒330-0803 さいたま市大宮区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

急募 日曜大工さん

早速ですが、花王(株)からいただいた助成金で行う「博物館からキックオフ事業『ワークショップ~5人囃子と語る~』」の開催に当たり、友の会会員の皆様にお手伝いをお願いしたいことがありあります。 平成22年3月7日(日)のワークショップに使う簡易能舞台の作り手さんを大募集! 縦横90cm、高さ30cmの立方体を厚さ12mmのベニヤ板で15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

助成金いただきました!

博物館友の会は数あれど、埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会の一番の特徴とは、 「会員の自主的運営のもとに活動を行っている」という点にあります。 ありそうでないこの自主的運営は、会員の熱意と根気と継続力によって支えられています。 そしてこのたび、博物館を応援し続けるこの活動が、花王・コミュニティミュージアム・プログラム2009の助成対象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半年会員繰上げ募集開始

今年は9月14日より休館になる関係で8月22日より繰り上げて20年度後半期の会員を募集致します。来年3月までの半年会費は1千円。これから講演会や見学会などの友の会独自の催しが目白押しです。奮ってのご入会お待ちします。 入会手続きは郵便局の振替用紙でご送金いただくか、土日に限っての博物館内友の会受付で手続きをお願い致します。      …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

律令時代の罪と罰

平成21年7月19日の講演会「律令時代の罪と罰」の参加者受付速報を申し上げます! 6月29日現在、 99名 の方々から参加を受け付けました。 今回は新聞広告掲載の吉報をまだいただいていないので、友の会会報誌とこのブログが主な情報源ですね。 まだまだ席には余裕がございます。 興味のありそうな友人知人をお持ちの皆様はぜひお誘い合わせの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の講演会「律令時代の罪と罰」の告知

平成21年7月19日の講演会「律令時代の罪と罰」の参加者受付速報を申し上げます! 友の会会報誌JUNOが発行された6月10日から現在までで、73名のご応募をいただきました。 このブログでも概要のご案内と申込方法のおさらいをしておきましょう。 講演会名  律令時代の罪と罰 講 師  群馬大学名誉教授 森田 悌 先生 日 時  平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターネット版☆JUNO

友の会に入会すると月に1度、友の会ニュースがお手元に届きます。 JUNOっていう名前で、これは、埼玉県さいたま市大宮区の地名「寿能」にちなんでいます。 埼玉県立歴史と民俗の博物館においても展示室の入り口にドーンと展示されて存在感を放つ地層ありますが、これが「寿能泥炭層遺跡」のもので、各年代の物差しとしてつかわれています。 そんな由緒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more