テーマ:能舞台

「きく・見る・ふれる 五人ばやし」ワークショップ当日

いよいよワークショップ当日です。9:30受付開始 見附柱や橋掛かりの松など小道具も揃い、立派な能舞台が完成。 プログラムは居囃子「石橋」から。力強いお囃子方の掛け声が会場いっぱいに響きます。 体験プログラムはまず観世流シテ方 梅若泰志氏の指導で「高砂」の一節を謡います。 続いて笛方一噌流成田寛人氏 からひな祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワークショップ前日

昨日に続きまづ講座室を使って楽屋を設営。 舞台左に五人囃子の雛飾り、観客席に座布団配置して会場はほぼ完成。あとは小道具類を置くだけです。 残る大仕事は配布資料の印刷と仕分け。プログラム、友の会制作のレジュメ、明日の演目の解説と詞章、出演者のプロフィル、能楽協会のパンフ、など盛り沢山です。 今日は土曜日とあって16名…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

五人囃子ワークショップ開催までの3日間

花王・コミュニティーミュージアム・プログラム09(KCMP09)の埼玉けんぱくプロジェクト ;『きく・みる・ふれる 五人ばやし」は予定通り3月7日に開催され、小学生対象の午前、一般対象の午後の部とも大盛況でした。二日前から始まった友の会会員による会場設営からワークショップ開催までの様子を公開いたします。 3月5日AM9:00 有志8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能舞台 老松完成!!の続きです。

22年1月18日 いよいよ幕に絵を描く作業開始です。作業場は休館中の博物館内レストハウスを借りました 9:30 まずは打合せ。転写班と塗料購入班に分かれます。 かねて作成の大下絵の上に幕をかぶせて上から転写していきます。 議論を重ねながら・・・午前中一杯かかって幕の下書き完了です。 昼食後いよいよ塗り作業に入ります。塗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能舞台 老松完成!!

花王・コミュニティーミュージアム・プログラム09(KCMP09)の埼玉けんぱくプロジェクトは3月7日のワークショップ開催を目指し順調に進行しています。前回の舞台作りに続き、背景になる老松の絵の制作模様を公開いたします。 能舞台の奥の壁面は鏡板といわれ必ず老松が描かれています。私どもの仮設舞台は写真のような大きな幕に老松を描いて掲げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more