プレミアム講座(2)「”復興の足かせ”から”地域の宝”へ ~震災復興と埋蔵文化財の調査~」  2019.9.20 

東日本大震災からの復旧・復興事業に伴う埋蔵文化財調査では、被災自治体への応援派遣を埼玉県も行ってきました。昨年3月までの1年間、福島県の南相馬市駐在として派遣された当館の堀口智彦学芸員から体験に基づいたお話を伺う機会をもちました。参加者は35名でした。

156956023789752500736-thumbnail2[1].jpg

導入部では、地域や調査業務の内容説明が主で、海辺での発掘調査は埼玉では経験できない新鮮さだったこと、モニタリングポストの放射線数値(μSv/hr)を常に意識しながらの特殊性などが理解できました。お話の中心部分では、復興と調査を巡る問題が、被災地でなくても開発と文化財調査を巡って対立するかのような世間の認識を反映しているように感じましたが、被災地では特にその問題解決が重要であると思いました。それでも講師と同じグループで兵庫県や神戸市からの派遣者が活動されたように、阪神・淡路大震災後の経験を教訓にした初動対応や日常的な取り組みの積み重ねが役に立って進められました。
埋蔵文化財がその活用を含めて本当に”地域の宝”となるには、帰還困難区域の問題や農地整備計画の変化など、まだ課題も多く残っています。また、マスコミで伝えられる情報にも、誤認情報は減ってきたとはいえ、否定的(懸念)記事や肯定的(積極)記事が混在しており、改善のためには、関係する主体者が透明な情報公開をすることが第一だと理解しました。なお、最後に講師が触れられたように、他県の専門家との交流を復興支援の場を借りて実現できたことは”博物館の宝”にもなると思いました。(nimo)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント