埼玉県立歴史民俗博友の会ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS お宝たんけん    国宝・正福寺地蔵堂 

<<   作成日時 : 2018/08/20 12:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

正福寺地蔵堂は、江戸期以前では都内唯一の国宝建造物です。8月8日の施餓鬼供養の日には堂内部が公開されるとのことで平成30年8月8日(水)スポット見学会を企画しました。
画像
 
                         (平成30年7月5日撮影)

このお堂は応永十四年(1407)に建立され、火災などにより幾度となく危機的な状況にさらされながら創建当時の姿を今日に伝え、中世禅宗寺院の代表的遺構として国宝に指定されています。
 酷暑の8月にもかかわらず会員の関心は高く当初の参加申込みは40人を超えましが、台風接近により状況次第で内部公開が中止になるとの前日情報を流した結果、27名の参加にとどまりました。

画像
 現地訪問に先立ち「東村山ふるさと歴史館」(左写真)で1時間ほど、地蔵堂の模型を前に、正福寺と禅宗寺院についての歴史背景・建築物としての特色・堂内に奉納されている千体地蔵の信仰などについて解説を受けました。 
画像                    
テキストは同館発行の図録(右写真)です。正福寺の全てがわかる優れものです。
画像

画像
 大藪学芸員より模型(右写真)とイラストを前に大変わかりやすい解説をしていただきました。 現地では風雨に遮られ思うように動けませんでしたが、歴史館で得た基礎知識のおかげで効率よく鑑賞できたと思います。
画像

 朝からの悪天候でほとんど堂内部見学は諦めていたところ、公開時間の11時ごろになって風雨もやや小康状態になり堂内が公開されたと博物館に情報が入りました。館から1.5K程の距離を走るようして正福寺に到着。
画像

  境内・外観観察は後回しでまずは堂内を見学しました。堂内はたたきの土間で水に弱いこと・柱や建具も白木材で摩擦に弱く傷がつきやすいことなど堂内に入る際の心得を館で受けていたので、ザックは持込まない・靴にはカバーをかける(シャワーキャップで代用)など細心の注意を払っての入場です。
画像

堂内に入ってまず目に飛び込むのが垂木をあらわにした見上げるほどに高い天井、その垂木が四方から寄せられて鏡天井を支え須弥壇上の空間を実際以上に広く見せています。三間堂というさして広くもない堂内の柱を一部省略し、大きな梁(大虹梁)と大きな束(大瓶束)で天井を支える鎌倉期に禅宗と共に宋から伝来した建築技術があったればこその緻密な仏の世界でした。
画像

欄間は採光と通風の為に設けられた開口部です。このお堂で見られるような波型の薄板を並べた弓欄間は欄間装飾化の始まりとされています。公開時は三方の扉が開けられているので分かりませんでしたが、普段はこの欄間から入る光が柔らかに地蔵仏群を照らしているとのことです。
画像

                    (平成30年7月5日撮影)
 鎌倉期に伝わった禅宗様建築の特色の一つは繊細でありながら賑やかな軒下の組物です。縦・横・斜めに交差しそれらが連続する構造の美は見飽きることがありません。今回は雨の為ゆっくり観察出来ず残念でした。

画像

                          (平成30年7月5日撮影)
 最後に元禄期に建てられた四脚門形式の山門を観て解散しました。この山門は地蔵堂との距離感が絶妙のところに位置しています。参道から見ると門柱の間に地蔵堂の全景が望めます。そして一歩境内に踏み込むとお堂の軒が両端を思い切り広げて包み込むように迎えてくれます。正福寺地蔵堂に始まる中世禅宗寺院の最大の特色とされる軒先の強い隅反りの意味は、意匠的な美しさだけではなかったのだと思いました。

  友の会会員が散会した直後の午後一時、堂内公開は中止となりました
  悪天候にもかかわらず参加された会員の熱意が天に伝わったと思います。
  尚9月24日・11月3日にも堂内公開は予定されています。
  今回参加を見送られた方も是非見学されることお勧め致します(中村記)
 





                          

 


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お宝たんけん    国宝・正福寺地蔵堂  埼玉県立歴史民俗博友の会ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる