当番日記 : 特別展 職人の「わざ」と「カタ」 本日開催 !

 今日10/6(土)から11/18(日)まで、6週間にわたって、
職人の「わざ」と「カタ」というテーマで特別展が開催されました。

 昼過ぎから雨がふってくる生憎の天気ですが、十二単の
着装体験もあり、いつもより館内に熱気を感じます。

 受付を中断して、大明主任学芸員からの展示解説を拝聴。
職人の「わざ」を「カタ」の視点から捉えてコンパクトにまとめて
います。 特に、桶づくりのアテガタの発想は面白い。

 職種にもよりますが、いわゆる美術工芸作家も境界線を
ひくことが難しく、職人の一部と考えてもよいのでは?
日用品の生産と生活手段としての職人に限定するなら、
時代性や地域性や共同組合的な運営手段にまで
掘り下げられないかというのが、今日の感想です。(nimo)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

kin
2012年10月06日 18:02
当番日記 職人の「わざ」と「カタ」読みました。さっそく小生も観覧に行きます。当番日記この調子で続くことを期待します。

この記事へのトラックバック