参加者募集! 歴史講演会「卑弥呼と箸墓古墳」

大好評をいただいております、当会と博物館の共催企画!!

今回のテーマは「邪馬台国」です。

これについては過去にも「邪馬台国所在地論」とか「卑弥呼の時代と東国の古墳」という講演が行われてきました。

そして、平成22年4月25日(日)に行われるのは 「卑弥呼と箸墓古墳」 です。

サブタイトルに
ーーー永年の「邪馬台国」論争、ここ大宮で、ついに終止符を打つか?ーーー 
だなんて、興味をそそられませんか?!

講師には国立歴史民俗博物館 名誉教授 春成 秀爾 先生をお迎えし、
箸墓の築造年代、そして「卑弥呼」「邪馬台国」とは何か~ に迫ります!!

古代ロマンの国・吉備を最初のフィールドとされ、そして弥生時代から古墳時代への転換期を研究されてきた春成先生ならではの視点で語られる「邪馬台国」。
  
日本古代史の闇が晴れるのは、この日かもしれません…。


この歴史講演会は友の会会員以外の方も参加できますので、どなた様もぜひいらしてください。


ーーーーーーーーーー

日 時: 4月25日(日) 午後1時30分~3時

会 場: 博物館講堂
 
参加費: 無料

参加申込み方法
 ハガキに講演会の名前・住所・氏名・電話番号・会員の方は会員番号を明記して、4月20日(火)必着で、
 〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219 埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会へ。
 <ハガキにご記入要件がない場合は無効とさせていただきます>
 定員(150人)に達し次第、締め切らせていただきます。お断りのご連絡をしないかぎり、ご参加いただけます。

 

4月6日現在 満員御礼です!!
締切日までまだ日がありますが、これよりの受付は締め切らせていただきます。
ありがとうございました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック