アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「行事・事業報告」のブログ記事

みんなの「行事・事業報告」ブログ

タイトル 日 時
プレミアム講座「上杉家の名刀と三十五腰」2017.11.8(水)開催
プレミアム講座「上杉家の名刀と三十五腰」2017.11.8(水)開催 本年度第三回のプレミアム講座は始まったばかりの特別展に因んだ内容で、展示にご尽力された関口真規子主任学芸員にお願いしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/18 11:00
プレミアム講座 「武州藍 伝統の技」 2017.9.6 (水) 開催
プレミアム講座 「武州藍 伝統の技」  2017.9.6 (水)  開催 田中裕子副館長によるプレミアム講座は、DVD映像と見本を教材として、武州藍を現代に甦らせてくれるお話でした。45分ほどの映像記録は、32年前(1985年)当時の県立民俗文化センターで田中さんご自身が関わって制作された貴重な財産でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 23:08
プレミアム講座 「本多静六以前の大宮公園」 2017.7.19(水)開催
プレミアム講座 「本多静六以前の大宮公園」 2017.7.19(水)開催 今年度も、当館の学芸員の方からとっておきのお話が聞ける、会員限定のプレミアム講座を開催します。 一回目は、最近NHK・TV「ブラタモリ」でも紹介された大宮公園について、水口由紀子主席学芸主幹にご登場願いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/27 11:43
「筑波山麓の古塔と真壁の町並み巡り」
「筑波山麓の古塔と真壁の町並み巡り」 筑波山系の西麓は良好な自然環境と神社仏閣や旧家などの歴史的遺産に恵まれ、特色ある伝統文化が受け継がれてきた地域です。29年度友の会第1回見学会はこの地に残る寺院の仏塔と重要伝統登録建造物が百棟近く軒を連ねる真壁の街を訪ねました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/12 17:57
講演会「火山がつくった世界遺産・富士山」 2017.5.27
講演会「火山がつくった世界遺産・富士山」 2017.5.27 友の会の通常総会を午前中に終え、宮川進会長の残りの任期を岩井隆興副会長が新会長として引き継ぎました。午後の講演会は岩井新会長の司会で進め、冒頭、新年度に当たって書上館長から会員にご挨拶をいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/02 23:58
プレミアム講座 「埼玉の県令」 2017.3.21(火)開催
プレミアム講座 「埼玉の県令」 2017.3.21(火)開催 本年度最後(5回目)のプレミアム講座のテーマ: 白根多助を中心に「埼玉の県令」です。日本近代史がご専門の井上かおり主任学芸員のお話を伺いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/24 00:26
多摩中流に「終りの古墳」を訪ねる
多摩中流に「終りの古墳」を訪ねる 2月28日(火)早春の一日、多摩川中流域に残る終末期の古墳を訪ねました。平成24年に催行した東京の古墳巡りの続編になります。 最初の見学地はあきる野市の瀬戸岡古墳群、ここには7世紀前半から終末までに築かれた50基ほどの群集墳が分布していました。地下に横穴式石室を構築し、墳丘は申し訳程度に石を積んだだけという特異な古墳でした。古墳時代も末の頃、どんな人々がやってきてこの墓域に葬られたのかロマンを感じさせる遺跡でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/05 17:44
企画展「祝いの民俗」とプレミアム講座(1/10)
企画展「祝いの民俗」とプレミアム講座(1/10) 年明け早々、企画展「祝いの民俗」が開催されています。2/12(日)まで開いていますので、常設展や関連のイベントへの参加も併せてご来館に適う時期です。さらに季節展示中の秩父祭の屋台と川越氷川祭の山車の一端もユネスコ無形文化遺産登録決定のタイミングに合わせて楽しめます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/17 22:38
講演会 「日本のおもてなし・料理と器」 2017.1.8(日)
講演会 「日本のおもてなし・料理と器」 2017.1.8(日) 「日本の食文化・和食」が先年ユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。和食をめぐる文化とは何もしなければ消えゆく運命にあるのでしょうか?お正月のこの時期に改めて考えてみるためのきっかけとして、食空間コーディネーターの落合なお子先生を講師にお招きしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/16 22:50
特別展「徳川家康」とプレミアム講座(10/28)
特別展「徳川家康」とプレミアム講座(10/28) 徳川家康没後400年を記念して、特別展が11月27日まで開催中。没後の神格化した東照大権現が各地の東照宮とともに語り継がれて、平和で安定した一時代を築く礎となったことにスポットを当てた展示と各種イベントで連日多くの来館者がみえています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/06 12:12
講演会「5世紀後半の東国を考える」2016.10.8(土)開催
講演会「5世紀後半の東国を考える」2016.10.8(土)開催 −埼玉稲荷山古墳と金井東裏遺跡を通して− という副題で、群馬県立歴史博物館館長の右島和夫さんを講師にお迎えしました。共催講演会への参加規定見直しにより、今回から初めて参加者お一人300円をいただくことにした上、直前に激しい雨が降り、参加者数の少ない恐れもありましたが、108名の方が参集されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/11 22:44
「高麗王若光の生きた場所」見学会 その2
「高麗王若光の生きた場所」見学会 その2 午後は入間市の市立博物館と市内に遺る国指定の有形文化財を訪ねました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/23 18:56
特別展「高麗郡1300年」に関連した見学会を開催
特別展「高麗郡1300年」に関連した見学会を開催 28年8月18日(木)特別展 「高麗郡1300年」に関連して「高麗王若光の生きた場所」見学会を催行しました。建郡直後の創建伝承を持つ日高町聖天院勝楽寺には建郡時の始祖高麗王若光を祀る「高麗王廟」があります。まずは王廟参拝から見学会はスタートしました 聖天院勝楽寺 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/23 18:27
プレミアム講座 「高麗郡1300年」 2016.8.3(水)         アンケート集計概要付き
プレミアム講座 「高麗郡1300年」 2016.8.3(水)         アンケート集計概要付き  7/16から8/31まで開催中の特別展を盛り上げるプレミアム講座を開催。今年度2回目のP講座は、特別展の展示を担当されている新進気鋭の学芸員:宮原正樹さんをお迎えしました。県内の日高、飯能を中心とする地域に716年、既に朝鮮半島で唐・新羅の連合軍により滅ぼされた高句麗を祖国とする渡来人:高麗人1799人が集結して建てられた高麗郡、県内でも特色のあるこの地域の歴史に触れる機会となる講座です。参加者はプレミアム講座としては異例の多さの102名に達しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/16 14:30
プレミアム講座 「倭王武と蝦夷」 2016.7.22(金)開催
プレミアム講座 「倭王武と蝦夷」 2016.7.22(金)開催 今年度も、当館の学芸員さんを講師にお迎えする”プレミアム講座”を会員限定で始めました。第一回目は企画部門でお世話になっている西口正純主席学芸主幹です。この時期としては比較的涼しい午後のひととき、85名が参加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/25 22:18
講演会「日本音楽の魅力」を開催 [2016.6.26(日)]
講演会「日本音楽の魅力」を開催 [2016.6.26(日)] お箏の演奏家であり、日本音楽研究家としても執筆や講演を活発にされている講師をお迎えして、副題「箏の伝来と発展:お話とお箏のしらべ」を開催しました。講師は釣谷真弓(芸名:釣谷雅楽房)先生。会員以外の方や女性の聴講者が比較的多いという特徴のある講演会になり、109人が午後のひととき、熱心に聴き入りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/30 22:12
プレミアム講座「鯰絵の世界」:企画展「蔵出し資料」開催   2016.3.19
プレミアム講座「鯰絵の世界」:企画展「蔵出し資料」開催   2016.3.19 館有コレクションの優品を3テーマに絞って展示する企画展「蔵出し資料」が3/19から5/8までの50日間の日程で始まりました。企画展開始初日の午前中、加藤光男学芸主幹を講師にお迎えして、3テーマの中でも当館自慢の「鯰絵」の解説を、講堂での座学の後に展示室での直接説明という形で開催していただきました。座学参加者56名、展示室入館者52名と、館長ご優待を含む企画に盛況なオープニングイベントとなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/21 22:07
下野の古代ロマンを辿る
下野の古代ロマンを辿る 琵琶塚古墳の発掘現場を見学した後、周辺に密集する下野の古代遺跡群を訪ねました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/08 17:11
遺跡発掘現場見学会
遺跡発掘現場見学会 冬季の恒例となっている遺跡調査発掘現場見学会、本年は栃木県小山市へ遠征、下野最大といわれる 琵琶塚古墳の発掘現場を見学しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/08 16:27
プレミアム講座 「須恵器の製作技法を考える」 2016.1.28 開催
プレミアム講座 「須恵器の製作技法を考える」 2016.1.28 開催 5世紀に伝来し、その後日本化していった初期須恵器はどのように作られたか?本年度第4回のプレミアム講座は、岩田明広学芸主幹を講師として考古学を体験的に学ぶ機会となりました。20名の参加者が須恵器についての基礎的なお話を伺った後、5台のロクロの周りに分かれて集まりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/31 21:43
講演会『徳川家康と「江戸の泰平」』が開催されました
講演会『徳川家康と「江戸の泰平」』が開催されました 埼玉県立歴史と民俗の博物館・同友の会共催の講演会『徳川家康と「江戸の泰平」』が2016年01月10日(日)に同館講堂で開催されました。講師は大石学先生(東京学芸大学教授)。大石学氏はTV番組の時代考証なども含めた歴史事情全般の大家ですが、この日は20ページにおよぶ資料を事前に準備され、以下のような内容に沿った説明で大変にわかりやすく面白いものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/12 09:31
プレミアム講座「害虫・カビとの戦い! 最前線」(12/3)とアンケート結果
 本年度3回目のプレミアム講座は、文化財の保存科学がご専門の野中仁主任学芸員から、博物館の裏方として努力されていることの一端を伺いました。歴史・民俗の中味が大好きな会員の中でどれだけの方が参加されるか予測できませんでしたが、文化財の保存に関心の高い33名の参加を得ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/19 18:10
プレミアム講座「慈光寺をめぐる美術工芸品」(10/27)とアンケート結果
プレミアム講座「慈光寺をめぐる美術工芸品」(10/27)とアンケート結果 現在開催中の特別展「慈光寺」に因んで、本年度2回目のプレミアム講座を開催。講師は、円空仏も含めて仏像に造詣の深い西口由子学芸主幹です。奈良時代の創建と伝えられる慈光寺は、奥武蔵のときがわ町にあり、国宝・重文を含む多くの文化財を守ってきました。それらの由来などは必ずしもはっきりしていませんが、苦難の歴史の中で現代まで生き延びた文化財に対面できる喜びに味わいをプラスする講座を期待して、41名の方が集いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/08 22:54
講演会 「ペリー来航! 高島秋帆らの上書」       2015.9.26
講演会 「ペリー来航! 高島秋帆らの上書」       2015.9.26 今回は、幕末に岡部藩に幽閉されていた埼玉県との縁で、高島秋帆に注目。講師は東洋大学名誉教授の小池喜明先生です。珍しく、映像抜きの語りとレジュメだけで、127名の参加者を魅了させていただきました。1853年(嘉永6年)6月のペリー来航に慌てた幕府が広く意見を求めたことで、多彩な「上書」が提示されました。”武家的志向への違和感を最も端的かつラディカルに言いあらわした” 高島四郎太夫(秋帆)の開国論の名論もその一つですが、お話はそれに留まらず、多彩な「上書」を示すことで、日本人のものの考え方の典型... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/03 14:05
プレミアム講座のアンケート結果(1)8月7日実施分
遅くなりましたが、8月7日に実施したプレミアム講座 「武将のこころ 〜戦国武将の信仰心が見えてくる〜 」 で、出席者にご記入いただきましたアンケートの集計結果を報告します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/26 22:49
展示品の圧倒的な迫力―特別展「戦国図鑑」とプレミアム講座(8/7)
展示品の圧倒的な迫力―特別展「戦国図鑑」とプレミアム講座(8/7) − Cool Basara Style − を博物館で見ようという若い人の感覚を盛り込んだ特別展が開催中です。 (株)カプコンの協力で、ゲームに登場する墨絵原画の展示があり、多くの若いファンを集めています。一方、展示品の圧倒的な迫力と豊富な解説が歴史好きに迫ります。個性的な甲冑を纏う戦国大名たちのイメージと関連する古文書、79点もの変わり兜などにより、特別展示室を独特の空間に作り変えます。決してゲームのイメージに埋没する展示ではありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/08 17:22
講演会 「日本列島はどうしてできたのか」           2015.7.26
講演会 「日本列島はどうしてできたのか」           2015.7.26 〜海と陸から探る列島成立の謎〜 という副題を掲げて、日本史のさまざまの出来事を繰り広げてきた舞台の構造を解明しようという、大それた動機が発端となった講演会を開きました。猛暑の中、予約された方の出席が大幅に減ることが懸念されましたが、154名の方にご来場いただきました。 講師の藤岡換太郎先生は、海洋地質学の専門家であり、有人潜水調査船”しんかい6500”の最多乗船研究者です。同時に、山、海、川など地形の諸相がどのようにできてきたかを研究されており、素人に分り易い説明をするための著書も出されて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/06 23:58
プレミアム講座(2014年度 第6回) 「東北を掘る」〜東日本大震災復興活動支援に携わって〜
プレミアム講座(2014年度 第6回) 「東北を掘る」〜東日本大震災復興活動支援に携わって〜  2月26日午後、今年度のプレミアム講座最終回として伴瀬宗一学芸主幹から標記のお話を伺いました。雨にも拘らず33名の出席がありました。  伴瀬さんは、埋蔵文化財発掘調査のために、埼玉県から宮城県に1年半の期間派遣されて尽力されました。 復興を加速させるのに必要な三陸道拡幅のための多賀城・山王遺跡の雪の中での発掘。気仙沼での高台移転を実行する前の土地造成に備えた活動など宮城県内各地を歩かれました。今回のような大震災時に現地の生活復興と文化財保護とをどのように両立させて迅速に行うべきかを考え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/02 11:53
プレミアム講座(2014年度 第5回)農業と暮らし「囲炉裏をかこんで〜」
プレミアム講座(2014年度 第5回)農業と暮らし「囲炉裏をかこんで〜」  1月13日、懐かしい埼玉の農家の暮らし:半世紀前の農業と暮らしはこんなだった と副題を添えたプレミアム講座を民俗展示室のリニューアルを機に開催しました。講師は当館展示担当主任専門員兼学芸員の山田実さんにお願いし、43名の参加がありました。囲炉裏の機能について考察されていたように、人々の暮らしと農業・自然・風土との関わりを大事にしたいという講師の想いから、柳田國男の「遠野物語」の一節も紹介されました。 講堂でのお話の後、展示物の解説を第10室で実施しました。(nimo) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/20 23:27
講演会「縄文海進の海 そしてヒトの生活」(2015.1.12)
講演会「縄文海進の海 そしてヒトの生活」(2015.1.12)  約1万5千年前から始まった急激な温暖化で、海が今の陸地に大きく進入していた縄文時代。環境変動と人間活動のかかわりを探る環境史を研究してこられた一木絵里(ひときえり)先生から、奥東京湾と古八戸湾における縄文海進を中心に解説していただきました。現在、土浦市上高津貝塚ふるさと歴史の広場学芸員をされている一木先生ですが、各地の調査研究も豊富で、そのお話に129名の参加者が、縄文海進の時代にひと時のタイムスリップをさせてもらいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/20 11:34
講演会 「お正月の民俗学」(2014.12.14)
講演会 「お正月の民俗学」(2014.12.14)   お正月はどうして目出度いのか? 上野の東京文化財研究所から久保田裕道先生をお招きして、そんな疑問から始まる講演会を開催しました。 まさにお正月をこれから迎えるのに相応しいタイミングに、暮れの忙しさの中にもかかわらず、76名の方にご参集いただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/25 23:30
プレミアム講座(2014年度 第4回) 「竹細工」
プレミアム講座(2014年度 第4回) 「竹細工」 12月3日のプレミアム講座は、「竹細工」です。学習支援担当の主任学芸員 服部武(たける)さんが、江戸時代から化石燃料時代まで生活と生産活動のいづれにも広く使われていた竹細工を具体的に紹介してくださいました。22名の参加者は講師を囲んで実物の出来栄えを見ながらその使われ方に想いを馳せました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/16 23:04
プレミアム講座(2014年度 第3回)「円空仏」
プレミアム講座(2014年度 第3回)「円空仏」 埼玉にも多い円空仏について、改めてその魅力を探ってみようという趣旨で、西口由子さんのお話を伺いました。11月20日の開催で、ちょっと時期が遅れましたが、力不足を承知の上でメモを残します。61名の参加者があり、講座の後、お話に関連する埼玉の円空仏を展示室で改めて見直す機会をもっていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/16 17:03
プレミアム講座の開催
プレミアム講座の開催 今年度のプレミアム講座は準備が若干遅れましたが、館のご協力により9月からスタートし、来年2月までほぼ一回/月のペースで開催します。すでに2回実施できましたので、状況をお知らせします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/25 20:35
当番日記、講演会の報告
当番日記、講演会の報告 八月に入り、本格的な暑さにうんざりする日々ですが、今日は、涼しい館内から濃い緑の木々を眺めて、心身ともに一息ついています。特別展「江戸の街道(みち)」開催中の当館は、落ち着きの中に人々のざわめきが響く心豊かな空間にもなっています。下の講堂では、特別展に関連してジュニア講座「江戸時代の旅を体験しよう!」が開かれており、子供達の声がいつもより賑わいを感じさせてくれます。(nimo) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/03 13:09
プレミアム講座:「近代美術館のコレクションについて」
プレミアム講座:「近代美術館のコレクションについて」 北浦和の県立近代美術館改装中のため、同館所蔵の作品が、当館で「風光彩美 埼玉・四季の輝き」として、3月16日まで公開されています。この機会に近代美術館のコレクションについてのお話を、本日午後、近代美術館学芸員の大浦周(いたる)さんから伺いました。聴講者約50名。講演後には、展示会場で直接解説していただきました。(nimo) 前段として、県立近代美術館が黒川紀章設計の美術館として初期の特徴ある建築物である説明。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/02/13 23:51
講演会「シルクロードの遺跡」開催
講演会「シルクロードの遺跡」開催 立春も近づき、大宮公園の早咲きの紅梅が見頃になった2月2日午後のひとときを、シルクロードの世界に遊びました。講師は、トルファン(吐魯番)博物館に勤務され西域の経験が豊富な埼玉県立自然の博物館館長 井上尚明氏(前・当館副館長)です。百名を超える聴講者がスライドの雄大な映像と、かの地の自然と文化に遺跡を通じて思いを馳せることができました。(nimo) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/03 12:31
プレミアム講座: 企画展「圏央道の遺跡」について
プレミアム講座: 企画展「圏央道の遺跡」について 現在開催中の企画展「圏央道の遺跡」をテーマに、プレミアム講座が1/23午後に開催されました。 県内の圏央道工事域の埋蔵文化財包蔵地の58遺跡の中から、古墳時代の遺跡を中心に、中山浩彦主任学芸員より65名の参加者に解説していただきました。(nimo) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/24 10:28
平将門の郷見学会 そのU
平将門の郷見学会 そのU 平将門を祭神とする神社 江戸後期再建の社殿は茅葺の屋根と素木の彫刻に飾られている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/19 17:55
講演会と見学会のコラボレーション!
講演会と見学会のコラボレーション! 今年は平将門生誕1111年の年。そこで友の会では「平将門」をテーマに講演会と見学会を企画しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/19 17:16
遺跡発掘見学会 2013.2.26 上尾・中井遺跡
遺跡発掘見学会 2013.2.26 上尾・中井遺跡  建設中の上尾道路にかかる古代の古墳を埼玉県埋蔵文化財調査事業団が発掘調査中です。 本遺跡は、縄文中期、古墳時代後期、奈良時代にわたって間歇的にご先祖さまが生活した痕跡の一部です。年度末の埋め戻し前に間に合うように垣間見るために、昨年から発掘見学会は2月末に早めて実施しています。 早春の陽射しがあり、北風の寒さもなく、総勢48名による快適な見学日和でした。(nimo) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/27 12:36
東毛(桐生付近)の見学会; 2013年2月2日 
東毛(桐生付近)の見学会; 2013年2月2日  厳しい寒さの今冬の中で、恵まれた暖かい一日を総勢48名が東毛に遊びました。 (nimo) 橋本さん初め斉藤班の事務局による案内で、以下の地点を、大宮8時発18時半着でバスで楽しく巡りました。                                                               ・桐生織物参考館「紫・ゆかり」 ノコギリ屋根の工場群、織物関連工程、歴史的な機械と動きを身近に見聞、  ・昼食(美喜仁) 昔のデパートを改装した寿司屋で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/10 15:40
埼玉伝統工芸干支グッズ販売
埼玉伝統工芸干支グッズ販売   博物館エントラスロビーでは平成25年1月2日(水)〜1月6日(日) の期間 伝統工芸品の縁起物を集めて販売しています。 評判の良い鴻巣赤物を画像で紹介いたします。 氷川神社初詣のお帰りに是非お立ち寄りください。    鴻巣赤物 鯛車 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/03 21:40
お正月グッズフェア開催
お正月グッズフェア開催  今日12月27日から1月6日まで、博物館のロビーでお正月グッズフェアを開催します。 鴻巣の赤物、春日部の張子人形、岩槻の木目込み人形など県内各地の名産品グッズを販売しています。 来年は巳年ですので、巳に因んだグッズも各種あります。また、お年賀の飴も好評です。ご家族で大宮公園に足を伸ばして、冷やかしにお寄りください。 友の会の活動を紹介する「能楽入門」の冊子や、岩槻御成り街道の紹介DVDも頒布しております。(nimo) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/27 14:49
盛況続く友の会の講演会・講座
盛況続く友の会の講演会・講座 11月28日(水)  当博物館学芸主幹利根川章彦講師によるミニ講座「埼玉稲荷山古墳出現の歴史的背景」 12月2日(日)    国立歴史民俗博教授藤尾慎一郎講師による講演会「C14による弥生時代の年代測定とその影響」   一週で2回の開催は異例の日程で、しかもかなり奥行きの深いテーマの講座・講演会でしたが、いずれも   満席に近い盛況でした。友の会会員の歴史に対する意識の高さを再認識させられた催しでした(Kin) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/06 15:33
友の会主催のミニ講座が始まりました
友の会主催のミニ講座が始まりました 10月31日 友の会行事では初の試みとなるミニ講座が開講しました。講演会と異なり、より絞ったテーマと 切り口で多様化する会員の要望に応えていこうとする企画です。  今回は現在開かれている特別展「職人のわざとカタ」を昨年来企画から担当された当館の服部 武主任学芸員にこの展示会の裏話を交えた解説をしていただきました。  特に職人さんたちの「ものつくり」に対する世間一般の認識が「匠の技」的なことだけに注目されていることにギャップを感じて「マニファクチャー」としての技術にも焦点をあてた展示... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/31 21:27
理事・サポータ会開催
10月27日友の会理事・サポーター会が開かれます。主な議題は25年度の計画立案です。講演会・見学会を中心に、博物館の活性化につながるいろんな活動を計画中です。会員非会員を問いません。こんなこと、あんなこと、良いアイデアあればこのブログを通じてご意見お願いいたします。(kin) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/26 15:17
プロジェクト 本格始動!!
 プロジェクト 本格始動!! 花王・コミュニティーミュージアム・プログラム09(KCMP09)の埼玉けんぱくプロジェクトがいよいよ本格始動いたしました。プログラムの内容は順次お知らせいたしますが今回はメインのワークショップに使う仮設能舞台制作の模様を公開いたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/14 18:10
深谷バス見学会
 深谷バス見学会 10月31日(日)絶好の秋日和の中 史跡の宝庫 「深谷」へ出かけました。参加者は39名です。 最初の訪問地「出張博物館 in 深谷」が開かれている深谷市郷土資料展示室では鈴木学芸主幹と共に矢部館長がわざわざ大宮から駆けつけてお出迎えくださいました。感激!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/09 17:38
満席御礼
 満席御礼 4月25日に開催されました大塚初重先生の講演会「埼玉古墳群と古代日本の騎馬文化」は天候不順にもかかわらず満席の盛況でした。予定の時間を越えて熱く語られる考古ファンおなじみの「大塚節」に堪能し、また改めて埼玉県の誇るべき歴史遺産「埼玉古墳群」について再認識させられた2時間でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/04 18:19
石仏を見て学ぶ会のレポート
私たちの日常の風景からいつのまにか石のお地蔵さんが姿を消してしまいました。新しい立派な道路がたくさん敷かれてもその道にはお地蔵さんも庚申塔もありません。何気ない路傍の風景の中で欠かせなかった石仏や石塔の魅力を改めて知り、学ぼうと友の会ではこの度「石仏を見て学ぶ会」を企画しました。その様子をWEBアルバムで報告いたします ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/07 01:24
謹賀新年
友の会はお正月も頑張ります。 昨年の23日から始めた干支グッズフェアや正月3日の餅つき体験のサポートを致します。グッズフェアは年末から好評で既にかなりの数を販売いたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/01 21:33
盛況の講演会
11月30日は群馬大名誉教授 森田 悌氏の「埼玉県内の式内社と祭祀氏族」をテーマに講演会が催され満員の盛況でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/05 18:07
晩秋の北関東を訪ねる
11月16日 芳賀町にオープンしたばかりの総合情報館を訪ねました。当館の学芸員林宏子さんは上尾出身で県立物館にも在籍された方です。 開館記念展は林さんの企画による当地出身の女流画家福田たねと明治画壇を代表する青木繁とのロマンを背景にした作品群の展示というユニークなコレクションでした。 その他近隣の古墳や益子町の陶芸関連施設、古刹西明寺の拝観など文化の秋にふさわしい内容の濃い見学会でした。 添付のWEBアルバムもご覧下さい。 (naka-kin) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/05 17:45
鎧着装レポート続編その3
鎧着付け実演  モデル志願者が行列・・・ とはなりませんでしたが予定の午後3時まで目一杯の実習は組む事が出来ました。たまたま研修に来館の埼玉大生にもお願いしました。ひげが鎧姿にピッタリです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/14 23:01
鎧着装レポート続編その2
着付け実演も順調に進行 モデル第一号ミスターハーリーさん小具足姿から ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/14 21:08
大鎧着装レポート 続編
11月8日(日)  座学3回、体験実習3回と長丁場の鎧着装講座もいよいよ最期の実習日となりました。今日は、受講生が来館のお客さまを着付けモデルにお願いして着付けの実演をいたします。先生は見ているだけ、無事着付けが出来れば着装技術習得証がもらえます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/14 20:37
大鎧着装レポート3 「撮影会」
9月6日に行われた大鎧着装。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/26 12:45
大鎧着装レポート2 「結び目が大事」
9月6日に行われた大鎧着装。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/09/25 12:48
満席御礼
 林宏一講師による「これだけは見ておきたい埼玉の仏像」講演会は 盛況の内に終了しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/24 17:38
大鎧着装レポート1 「着装手順」
9月6日に行われた大鎧着装。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/09/18 12:38
神楽もいろいろ。
鷲宮神社神楽見学会の記事がアップされましたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/03 11:56
ムンクは埼玉にもいた!! 最新出土品展見学
8月24日(日) さきたま史跡の博物館で開かれている最新出土品展を見学しました。昨年度に発掘調査されたものを中心に18ヶ所の遺跡から出土した成果を見ることが出来ました。同時期に開催されている文化庁主催の「発掘された日本列島2008」が15ヶ所しか展示していない事から思うと関係者のガンバリに感謝!感謝!です。  びっくりした事は有名なムンクの「叫び」をおもわせる土偶でした。先の見えない今の不安な世相に対する縄文人からの共感のメッセージなのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/27 18:07
鷲宮神社神楽見学会
7月31日(木) 鷲宮神社夏越祭で奉納された神楽を見学しました ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/21 11:36
「先進の地・埼玉県北歴史めぐり」 参加記 その3
県北めぐりの感想をお送りしてきましたが、今回が最後です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/06 17:06
「先進の地・埼玉県北歴史めぐり」 参加記 その2
前回に引き続き、埼玉県北歴史めぐりの第2弾をお届けします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/04 12:13
「先進の地・埼玉県北歴史めぐり」 参加記 その1
1月26日土曜日、冬晴れの中、県北ツアーが行われました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/01 15:27
「民具、建具、まちの調べ方」拝聴記(その4・前川建築)
「民具、建具、まちの調べ方」の第1部が終わり、次は第2部のお話です。 第2部はお昼休みをはさんで14時から開始でしたが、1部とはまた顔ぶれが少し変わって建築を勉強する学生さんや一般の方も参加し、こちらも盛況でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/11 18:13
「民具、建具、まちの調べ方」拝聴記(その3・まち)
さて、おすそ分けはまだ続きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/11 17:42
「民具、建具、まちの調べ方」拝聴記(その2・建具)
さて、前回のおすそ分けに続いてどんどんいきますよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/10 17:29
「民具、建具、まちの調べ方」拝聴記(その1・民具)
10月6日に行われた標記の講座は、わが友の会と社団法人日本建築学会関東支部埼玉支所とのコラボレーションで実現した企画でした。 とっても内容の濃い講座でとっても勉強になり、参加した人だけでこの感動を独り占めするのはちょっともったいない気すらするのです。 なので、今日から少しずつ内容のおすそ分けをしていきたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/09 17:05
日本の仏像 ベスト10
仏教美術の権威で元当博物館館長を勤められた林 宏一先生をお招きして講演会を開催しました。テーマは「これだけは見ておきたい 日本の仏像ベスト10」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/30 12:48
みんなで見に行こう!最新出土品展
8月26日 友の会主催のイベントで、行田市の県立さきたま史跡の博物館で開催中の「最新出土品展-地中からのメッセージ」展の見学及び、行田市内の古墳を見るツアーを行いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/27 17:09
口承文芸の世界
7月22日 斉藤修平先生による「口承文芸の世界」が行われました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/07/23 12:16
宮大工さんと見る埼玉の古建築
6月16日 奈良・薬師寺の復原にかかわっておられた宮大工・大森健司さんとともに埼玉県内の古建築を見るツアーが行われました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/06/19 19:39
邪馬台国所在地論
 午前中の総会に続き、午後1時30分より高橋 徹講師による講演会が開かれました。古代史ファンには最も関心の高いテーマだけに会場はほぼ満員の盛況となりました。 ジャーナリストとして永年このテーマにかかわってこられた高橋講師のお話は、学会の論議とは一味違う新鮮な内容で、講演終了後も活発な質疑が続き大幅に時間延長となった講演会でした。(kin) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/22 21:47
友の会総会の報告
「5月20日は友の会総会」について 5月20日 友の会総会が開かれました。 最初に館長の挨拶で、「参加ではなく参画で」というフレーズがありましたが、まさに友の会のこれからはどれだけの人が参画していくか、ということに尽きるな、と思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/05/22 10:30
「卑弥呼の時代と東国の古墳」 聴講記
 この日は友の会創立1周年を記念した講演会で、友の会設立時の立役者でもある高橋前館長が卑弥呼の時代をわかりやすく講義してくださいました。  邪馬台国というと、「所在地がどこか」という議論が長らくありますが、調べてみたところ江戸時代から議論されていたらしいです…。  400年あまりも議論されてもいまだに尽きない謎。これこそ歴史の面白いところです。現在では大きく「九州説」と「畿内説」があります。  高橋前館長は、卑弥呼の生きた時代に現れた手焙式土器(てあぶりしきどき)に着目して当時の日本を紐解いてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/25 23:37
行事・事業報告
早春の古代遺跡ウォーク 3月7日 33名の参加を得て発掘中の桶川市前原遺跡を中心に遺跡見学会を催しました。ご案内は前回に続き小久保学芸員、永年各地の遺跡発掘にかかわってこられただけに土を見るとホッとするそうです。遺跡見学は、専門的な知識がなくてもかまわない。現地を見て自分なりに何かを感じて楽しむ姿勢が大事とおっしゃっていました。  圏央道予定地の前原遺跡は縄文時代から奈良時代に至る集落跡が重層して発掘されています。工期が迫っているので現地説明会も開けないかもしれないとの事で貴重な見学機会となりま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/17 19:43

トップへ | みんなの「行事・事業報告」ブログ

埼玉県立歴史民俗博友の会ブログ 行事・事業報告のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる