埼玉県立歴史民俗博友の会ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 玉敷神社神楽見学と騎西城跡を訪ねる(加須市)

<<   作成日時 : 2017/12/02 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 ★舞台は、神々の舞に相応しい神秘的な雰囲気を与えて頂きました。

 ●天候が心配されたが、何とか堪えていただき、鴻巣駅及び加須駅からのバスに乗車し、キャッスルきさい「福祉センター」に10時15分頃、12名が合流する。 キャッスルきさいの多目的室をお借りし、資料の説明を行う。
初めに、築城年代及び城主も不明。歴史に初めて名を表すのは1455年、戦国時代は関東から始まったと言われる享徳の乱(1454年)以降が舞台となったと思われる、騎西城跡を訪ねる。 

・この城の大きな特徴は@障子堀 A沼に」囲まれていた。戦国期と江戸期では城の様子は異なる。天然の大沼を背景にして、曲輪と土塁で構成されいるところは変わらず、城下町として整備されるのは江戸期に入ってからと考えられる。

現在は、土塁の一部復元整備したものが見られるだけである。城を守る障子堀の底から出土した漆黒の兜や小判が現れる前の貨幣、また、金属を溶かすために使われる土製の素焼きの容器「坩堝 るつぼ」などの土器片に金粒付着していたもの等は見られず。(郷土史料展示室の公開はGWや文化の日のみとなっている)
画像


画像

 ・教科書には取り上げられていないが、騎西城を舞台にして上杉謙信が率いる軍勢と激しい攻防戦が繰り広げられたことが軍記物などで知ることができる。「北越太平記」「甲陽軍鑑」「関八洲古戦録」

 ・永禄6年(1563年)後北条と武田氏の連合軍は松山城を攻略、越後の謙信が雪に阻まれ救援が困難なことを見越しての攻撃。謙信は、開城を知り腹いせに騎西城を攻略。深雪を掻き分け進軍するも、城を目前にしての開城。謙信激怒、黙って引き上げるわけにいかない。近隣の敵城を探す。それが騎西城。
「北越太平記」によると男女3千人撫で切ったとある。

・天正2年(1574年)には、謙信に従属する関東国衆は殆んどおらず(後北条につく)、離反を繰返す国衆達は不忠者にしか見えず、見せしめに関東の諸城(鉢形城、松山城、忍城。深谷城、金山城等)が謙信の進攻を受けた。そこに騎西城も含まれる。昔から騎西の人は、越後に対し良い印象は持っていないという。
・歴史を増悪の根源とするのではなく、何故それは起こり、その時人々は何を考え、どう行動し、それがのちにどの様な影響を及ぼしたのか? それ以外の場所(城)等を通して、考えていくことが大切。

・寛永9年(1632年)騎西城は廃城となる。
・地図に基づき、二の丸跡・天神曲輪跡・御蔵屋敷跡・障子堀跡・土塁跡・的場跡そして、その先は広大な田んぼが見える大手門跡・元の玉敷神社があった場所を訪ねる。(本丸跡は住宅が建っており、調査は不明か?)

◆騎西城今昔地図をもとに、寺(観音寺)に立ちより、武家屋敷にはいる門の位置を確認しながら、町人街を通り、12時20分頃、玉敷神社に到着。冒頭の写真で紹介した、見事なイチョウのジュウタン景色は、別世界に足を踏み入れた感があった。昼食を摂り、神社への参拝や見学後、13時30分から15時までの神楽を鑑賞する。

・@おかめの舞 Aイザナミ・イザナギの連れの舞 B山の神の舞  C鹿島・香取の連れの舞 
 D戸隠明神の舞 E恵比寿の舞 の六座が奉納された。

画像

        〇 椅子も用意して戴く

画像

        ● おかめの舞(イチョウも舞う)

画像

        ● イザナミ・イザナギの連れの舞

画像

        ● 山の神の舞
画像

        ● 鹿島・香取の連れの舞
   
画像

        ● 戸隠明神の舞

画像

        ● 恵比寿の舞


★神楽の曲目には「古事記」「日本書紀」の神話を題材としたものが多く見られます。
 参加者の皆様は、代表的な曲目を取り上げたパンフレットを参考に、神話の世界をのぞいていました。

・恵比寿の舞は、恵比寿が釣りをする様子をユーモアに演じた舞です。恵比寿は釣り竿を左肩に担いで三ッ拍子で四方固めを舞った後、鯛釣りの舞を行います。一回目は釣れず、二回目は鈴、三回目は河童を釣り上げてしまい、四回目は見事に鯛を釣り上げます。最後に左手に釣り竿と鯛、右手に鈴を持って
速神楽で四方固めを舞います。

・寒い中、熱心に見学お疲れさまでした。
 また、ご協力をいただき感謝申し上げます。有難うございました。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
玉敷神社神楽見学と騎西城跡を訪ねる(加須市) 埼玉県立歴史民俗博友の会ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる