埼玉県立歴史民俗博友の会ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤山街道・越谷道その2―第20回古道探索倶楽部

<<   作成日時 : 2017/10/03 14:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月30日に実施、天気快晴。参加者27名。今回のコースは、東武スカイツリーライン北越谷駅→大沢香取神社→光明院→越ヶ谷天嶽寺→越ヶ谷久伊豆神社→親水公園(昼食)→寶珠院→静栖寺→松伏神社→光厳寺→大川戸八幡神社→大川戸杉浦陣屋跡→バス→東武スカイツリーラインせんげん台駅
 天気が良い1日でした。朝はちょっと涼しいかな?という感じでしたが、歩くとちょうど良い気温でした。

駅前の地図の前で、全体の説明のあと、旧日光街道曲がり、最初の大沢香取神社に行きました。お宮参りの方もいらっしゃった境内で、本堂の彫刻を見ました。紺屋の作業の模様とのことです。光明院で塩地蔵の成れの果て?(石が溶けちゃっている)を見て、ちょっと説明でも書いておけばいいのにと、皆で言っていました。

元荒川沿いに歩き、伏せ越を見た後、越ヶ谷天嶽寺と越ヶ谷久伊豆神社に、ここは隣同士でおそらく廃仏毀釈の時に分けられたのかな?という感じでした。天嶽寺で方言学の始祖と評価された越谷吾山の墓石を見た後、久伊豆神社に天然記念物の藤棚もあり、5月くらいだとさぞ良い香りがしたのでしょう。
写真を撮影後、平田篤胤が奉納した絵馬、旧官幣大社南洋神社鎮座跡地 遥拝殿を通り、旧赤山街道に出ました。途中セブンイレブンで小休止した後、昼食会場の親水公園に、隣にキャンベルタウン野鳥の森があり、昼食後に見学に行った方もいらっしゃいました。

画像


用水で釣りをしている方々を見ながら、歩くと葛餅屋さんがあったのですが、10月1日から販売と聞いており、惜しかった。。。との声もありました。寶珠院に寄った後静栖寺に、ここには、豪農石川民部家があり、宝篋印塔、五輪塔など30基以上がありました。やはり、松伏といえば「石川」なのですかね。隣の松伏神社を見た後、松伏町役場によってここから、古利根川の土手を歩きました。やはり土の道は歩いても足が痛くならないですね。土手を降り光厳寺に向かっていくと、何やら装飾が。そうですお寺さんの認定こども園(保育園と幼稚園)の運動会だったのです。ちょうど終わった時で、先生たちが後片付けをしていましたが、子供たちもまだまだ元気に走り回っていました。このお寺では、本日初めての板石塔婆を見ました。近くの土手沿いにあったものを移築したそうですが、かなり立派なものでした。

県営まつぶし緑の丘公園で、小休止してみなさん冷たい飲み物で喉を潤してから、大川戸八幡神社に、ここでは、天然記念物の「大イチョウ」がありました。ちょうど銀杏の季節でしたが、「大イチョウ」は、雄株なので、銀杏はありませんでした。(ただし、隣の木は山ほど銀杏が)やっと最終目的地の、大川戸杉浦陣屋跡に、現在はカインズホームになっていますが、説明板がありました。その後、バスに乗って東武スカイツリーラインせんげん台駅へ行って解散しました。

次回の第21回「赤山街道・越谷道 その3」は11月25日(土)東武スカイツリーライン越谷駅→越ヶ谷御殿跡→大聖寺→延命寺→武蔵野線吉川駅の予定です。
(小谷野 記)


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤山街道・越谷道その2―第20回古道探索倶楽部 埼玉県立歴史民俗博友の会ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる