埼玉県立歴史民俗博友の会ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS プレミアム講座 「武州藍 伝統の技」 2017.9.6 (水) 開催

<<   作成日時 : 2017/09/11 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

田中裕子副館長によるプレミアム講座は、DVD映像と見本を教材として、武州藍を現代に甦らせてくれるお話でした。45分ほどの映像記録は、32年前(1985年)当時の県立民俗文化センターで田中さんご自身が関わって制作された貴重な財産でした。
画像

前半45分はレジュメに沿って解説:(1)藍作から藍玉作りまでの農家の仕事  (2)藍染の職人の技  の2部構成で、(2)はさらに糸染めと型染めに分けて、特に型染めについては詳しく説明されました。
画像

後半の45分はDVD映像を見ながら”わざ”の数々を理解させていただきました。さらに前のテーブルに置いた型染めの見本を実例としてテーブルを囲んだ実例学習もでき、予定を大幅に延長して目を瞠り続けた時間が過ぎました。出席者54人のそれぞれの頭に藍染めへの新たな理解を植え付けてもらいました。
画像

例えば見本のような複雑な柄(模様)に対しては、2枚の型紙に分けて防染糊を付け、しかも布地の表裏別々に位置合わせしながら同様の作業を繰り返し行なうという、繊細で根気強いワザが基本になっています。しかも藍染の色の濃さを藍四十八色と称されるほどの制御で行うワザも併せ持つ、形と色の自由をもたらす古来のワザの集合体ともいえます。
画像

お話の導入にある田山花袋の『田舎教師』を彩った青縞とは、武州藍を象徴するアイテムと言えるでしょう。
また、藍染め職人は愛染明王を信仰しているという話も言われてみればナルホド!(nimo)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プレミアム講座 「武州藍 伝統の技」 2017.9.6 (水) 開催 埼玉県立歴史民俗博友の会ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる