埼玉県立歴史民俗博友の会ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 中山神社鎮火祭を楽しむ

<<   作成日時 : 2014/12/09 15:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎年12月8日に行われる鎮火祭は有名で、江戸時代紀州の殿様が鷹狩の際、ご覧になったといわれる中山神社鎮火祭を楽しむ。
画像

 
●中山神社は創建は10代崇神天皇の御代2年と伝えられ、天正19年(1591)には徳川家康から社領15石の御朱印を賜った格式ある神社です。

主祭神は大己貴命で別名、中氷川神社、簸王子社。

★「武蔵一宮氷川神社」と「氷川女体神社」を結ぶ線上のほぼ中間に位置し、
 古くより関係の深い社として「中氷川神社」とも呼ばれいた中川の鎮守です。
画像


▲鎮火祭は、かって大宮氷川神社で行われていたが、340年程前に取りやめ、今の「大湯祭」に変わったと言われ、大宮氷川神社の古い祭祀を今に残す貴重なお祭りである。
 以前は、薪を平年は12段、閏年は13段積み上げ夜通し焚き、炭を神前に供えていたという。
 一時中断していたが、2007年より再開された。

画像



★焚き終わった炭火の上を素足で渡った後、「鎮火祭御祈祷ノ礼」をいただき、無病息災及び火難がないよう祈祷するものである。


■最後に、旧社殿(さいたま市指定文化財建造物)前で、岩井副会長及び斉藤副会長から貴重な絵図を参考にしながら「武蔵一宮氷川神社」及び「氷川女体神社」並びに「中氷川神社」の関係について貴重なみやげ話もおまけにありました。

画像



画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中山神社鎮火祭を楽しむ 埼玉県立歴史民俗博友の会ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる