埼玉県立歴史民俗博友の会ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大鎧着装レポート1 「着装手順」

<<   作成日時 : 2008/09/18 12:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

9月6日に行われた大鎧着装

そのレポートを、遅くなりましたが今日から何回かにわたって振り返ってみたいと思います。


今日は、着装手順です。


大鎧の着装手順については、「故実叢書 鎧着用次第」という折本に、23場面が記されております。

これについては講座の第3回目「鎧の機能と構造」のときに説明があったようですが、私は不参加だったので詳しいことはわかりません。

ですが、単に着用手順が絵と詞書で解説してあるというだけでなく、もはや美術的価値がありそうな古文書だと、資料のコピーを見て思ってしまいました。



話がそれましたが…。

とにかく、鎧の着装にはたくさん手順があるということです。

かいつまんでご報告しますね。


1、鎧下着
画像


2、鎧直垂
画像


鎧は一人で着ることはできませんが、ここまでは鎧を着用する本人が自分で着るものらしいです。
大鎧は馬上で弓を射るための鎧なので、片肌を脱いで腕さばきがいいようにしています。

3、すね当て
画像


4、脇楯(わいだて)
画像


5、籠手(こて)
画像


6、胴
画像


と、あとは心臓を守るための小道具「鳩尾(きゅうび)」や刀などの装備品を着用し、
兜をかぶって完成。

画像


一通り着せるところまでで午前中が終了。

思った以上に大変です。

また、着用の際にはところどころ結ぶ技術が必要で、これがまたなかなか難しいものなのです。

そのあたり、また後日アップしますね。


今日はこの辺で。 shimo


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大鎧着装レポート2 「結び目が大事」
9月6日に行われた大鎧着装。 ...続きを見る
埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会ブログ
2008/09/25 12:49
大鎧着装レポート3 「撮影会」
9月6日に行われた大鎧着装。 ...続きを見る
埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会ブログ
2008/09/26 12:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大鎧着装レポート1 「着装手順」 埼玉県立歴史民俗博友の会ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる