埼玉県立歴史民俗博友の会ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮大工さんと見る埼玉の古建築

<<   作成日時 : 2007/06/19 19:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像


6月16日
奈良・薬師寺の復原にかかわっておられた宮大工・大森健司さんとともに埼玉県内の古建築を見るツアーが行われました。

参加者はバス2台分の大所帯で大移動。
梅雨入りしたにもかかわらず大変な快晴で見学日和でした。

実は私、偶然にも6月頭に薬師寺を見学してきたばかりだったので、このツアーを本当に楽しみにしていたんです。
社寺見学は好きで自分でも行ったりするのですが、正直言ってあまり詳しくはなかったので、
ぜひこの宮大工さんと一緒に建築を見るという得難い機会を逃すものかと気合いが入っていました。

写真で貼ったのは、今回一番感動した、ときがわ町慈光寺の開山塔です。

ここに来たのは2度目でしたが、はじめてきたときはこの開山塔の外側に建てられた覆屋をちらっと見ただけで帰ってしまったんです。

こんなにすごいものが中にあったとは…。
天平25(1556)年のものだとのことですから、450年も遺っていることになる塔です。
多少の風化はあるのでしょうが、今も堂々と建っていました。

大森先生は、「手を抜かずにきっちり作ってあるものだから、現代の住宅とは地震に対する強さが違うんです」とおっしゃっていました。
なるほど、納得です。

まさにこれは、一人で来たら絶対拝めなかった建築物です。
友の会に入ってよかったなぁ〜としみじみ思ってしまいました。
写真もいろいろな角度からいっぱいとりました(今回のツアー全部で100枚超えました)。
本当にいい記念です。

相変わらず建築の細かい様式や見どころは極め切れた感じはしませんが、
今後は大森先生に教えていただいた着眼点でもっと深く建築物を「比較」して楽しめたらな、と思います。shimo


見学会のスナップをアルバムにしました。あわせてご覧下さい。naka-kin






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
友の会での出会いで考える
今日書類の整理をしていて、6月16日に行ってきた「宮大工さんと見る埼玉の古建築」の時に私たち友の会とご一緒した建築家大森健司さんが下さった大森建築設計事務所のチラシに改めて目がとまりました。 ...続きを見る
埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会ブログ
2007/08/22 12:21
宮大工さん再び!
友の会のイベントではもうおなじみの宮大工・大森健司さんの講演会が3月22日に開催決定いたしました。 ...続きを見る
埼玉県立歴史と民俗の博物館友の会ブログ
2009/02/17 12:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
宮大工さんと見る埼玉の古建築 埼玉県立歴史民俗博友の会ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる